邦画

【邦画】濡れ場シーン50選!思わずエロいと感じてしまう日本映画まとめ

ヘルタースケルター

ヘルタースケルター
あらすじ

世間では、りりこというモデルが大人気で芸能界で活躍していました。りりこは美人で可愛いので多くの女性の憧れです。
ところが実際の性格は酷いもので、マネージャーに無茶なわがままを言って苛めたり、楽屋では彼氏とセックスを始めるという有様でした。
さらに、りりこには大きな秘密があり、顔を含めた全身を整形手術していました。元は太っていたりりこは、そこに大きな劣等感がありました。ただ、プロとして仕事はしっかりこなしていました。
多忙な仕事をするうちに、りりこに整形の副作用が出てきます。綺麗なはずの顔に異常が現れ再び整形手術をします。
なんとか世間での理想の自分を演じているりりこでしたが、崩壊への道が始まっていました。

濡れ場ポイント

冒頭でいきなり沢尻エリカが上半身裸で登場し、ピンク乳首の美乳を見せてくれます。沢尻エリカの潔さを感じます。
その後、楽屋に訪ねてきた彼氏で大企業の御曹司役の窪塚洋介と激しい濡れ場を見せてくれます。同じ楽屋にいた寺島しのぶ演じるマネージャー達が気まずくなり、外に出て扉を閉める様子も面白いです。
全編を通して楽屋での濡れ場が一番激しいです。あとはマネージャーの家に押しかけて、マネージャーの彼氏と無理やりセックスを始めたりします。映画の後半では残念ながら濡れ場があまりありません。
りりこが下着姿ですが、整形の後遺症で苦しんでいるシーンが多いです。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 沢尻エリカの体がとても綺麗
  • 濡れ場は少ないが激しい
  • 映像が綺麗で濡れ場シーンも見やすい
  • 1話の後半は濡れ場があまりない
  • 話が怖いので萎える感じもあり
ヘルタースケルター概要
濡れ場シーンの長さ
キャスト 沢尻エリカ / 大森南朋 / 寺島しのぶ
監督 蜷川実花
乳首出しの有無

蛇にピアス

蛇にピアス
あらすじ

主人公のルイは、ある日アマという少年に出会う。顔中にピアス、背中には龍の刺青、蛇のように舌を割ったスプリット・タンと、人体改造を行っていた。彼との出会いをきっかけに、人体改造に興味を持つ。
そして、アマと共に彫師で人体改造を行うシバさんの元を訪れ、ルイは、舌にピアスを開け、刺青を入れる。対価は体。人体改造と痛みつけられる性行為ルイとシバは繰り返していく。
その中で、自分が生きていることを実感できるのが痛みを感じている間だけだと気づいたルイ。突然のアマの失踪。精神が崩壊していく中で、生きる意味を探す。刹那的な若者の物語。

濡れ場ポイント

見所は、ルイの手首を紐で縛ったり、首を締めたりしながら行う、サディスティックなシバのセックス(性癖)と、もがき苦しむルイの姿の臨場感。
加えて、アマはルイに弟のように甘える姿とシバが対比され、更に激しさが際立っている。
見下した目で、乱暴ながら無機質なシバにどんなに痛めつけられても、一切抵抗せず、受け入れているルイの姿は、痛みだけが生きていることの実感と歪んだ認知の世界に生きているのだと感じられる。
吉高由里子の演技力に脱帽する。恋愛映画にあるような普通の性愛ではない、異常さが本作の魅力。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 前貼りしていないのでは?と感じるほどの吉高由里子の脱ぎっぷり
  • 本当にセックスしているように見える
  • 井浦新の圧倒的なサディスティックさ
  • 吉高由里子の胸が小さい
  • シバがズボンを脱いでいるときの微妙な間
蛇にピアス概要
濡れ場シーンの長さ
キャスト 吉高由里子 / 高良健吾 / 井浦新
監督 蜷川幸雄
乳首出しの有無

彼女がその名を知らない鳥たち

彼女がその名を知らない鳥たち
あらすじ

十和子(蒼井優)は、15歳年上の陣治(阿部サダヲ)と暮らしていた。
陣治は不潔で下品な男であるために十和子は嫌っていたが、彼の少ない稼ぎで怠惰に暮らすために我慢していた。
そんな十和子に罵られながらも陣治は十和子に狂信的なに愛情を捧げていた。
ある日、十和子は8年前に別れて今なお心に残っているかつての恋人・黒崎(竹野内豊)の面影がある妻子持ちの水島(松坂桃李)に出会い、彼と不倫関係になる。
そんな中、黒崎が失踪したことを知った十和子は陣治がその失踪に関わっているのではと疑う。
そして、水島にも危険が及ぶのではないかと怯えはじめるのだった。

濡れ場ポイント

主な濡れ場は三ヶ所あります。
※濡れ場とまではいきませんが、十和子が黒崎に頼まれておじさんと枕営業して下着姿を披露するシーンなどもあります。

・黒崎と十和子のセックス
十和子とかつての恋人である黒崎との荒々しい過去のセックスシーンがあります。

・陣治の十和子への愛撫
昼間に水島と出会って性欲が高まった十和子が、陣治にマッサージさせているときに、陣治に下着を脱がされて愛撫されます(セックスはありません)。

・十和子と水島のセックス
ラブホテルで水島が十和子にディーブキスヤやクンニまでしたりする濃厚な濡れ場シーンがあります。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 愛撫で喘ぐ蒼井優が見れる
  • 蒼井優がクンニされるシーンが見れる
  • 蒼井優の喘ぎ声がリアル
  • 乳首が上手い具合に隠れて見えない
  • 全体的に蒼井優の肌色が少ない
彼女がその名を知らない鳥たち概要
濡れ場シーンの長さ
キャスト 蒼井優 / 阿部サダヲ / 松坂桃李
監督 白石和彌
乳首出しの有無 無し

愛の渦

愛の渦
あらすじ

閑静な住宅街にある、とあるマンションの一室。
ここでは、性欲旺盛な様々な男女が参加費を手にして集まりいつも乱行パーティーが開かれていた。
とある日、ニート男子(池松壮亮)がなけなしのお金を手に乱行パーティーに参加した。
OLや保育士など様々な女性がいるなか、地味な女子大生(門脇麦)に勇気を出して声を掛けたニート男子は一回戦目のセックスをする。
そんな狂宴が繰り返される内に、しだいにメンバー間で独占欲や恋心のようなものが芽生えはじめるのだった…。

濡れ場ポイント

この映画は約18分以外は全て、全キャストの濡れ場と言っても過言ではありませんので、メインキャストであるニートと女子大生の濡れ場をピックアップします。

・映画が始まってすぐに始まるニートと女子大生の連続二回セックス
乱行パーティーが始まってすぐに、メインキャスト二人の獣のように激しいセックスが始まります。
シャワーを挟んで連続二回セックスをします。

・ニートと女子大生がカップルとスワッピング
二回のセックスを終えたニートと女子大生はカップルとスワッピングをします。

・ニートと女子大生のラブラブセックス
スワッピングを終えたニートと女子大生。
二人の間には恋心のようなものが芽生えており、恋人同士のようなラブラブセックスをします。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 本当に挿入しているかのようなセックスシーン
  • 乳首がずっと丸出し
  • ほぼ全編濡れ場という濡れ場シーンの長さ
  • R18作品だけどアソコは見れない
  • 門脇麦のクンニやフェラシーンがない
愛の渦概要
濡れ場シーンの長さ
キャスト 池松壮亮 / 門脇麦
監督 三浦大輔
乳首出しの有無

海を感じる時

海を感じる時
あらすじ

海に近い所に住む、高校生の中沢恵美子(市川由衣)は先輩の高野洋(池松壮亮)が好きだった。
部室でキスをする二人だが、女性の体が目当てで恵美子じゃなくてもという洋。
洋は自分のこんな性格なのにあきらめない恵美子との関係を続けていた。
東京へ洋を追いかける恵美子、母親にも怒られるが下宿へ行きまた洋と関係を持つ。恵美子も東京で暮らして洋と会っていた。
恵美子は男と関係を持ってしまうそれを知った洋は恵美子を激しく責めるが昔の洋のことを恵美子は責める。
恵美子は実家に戻ってしまい、海をぼんやり眺めていた。

濡れ場ポイント

高校生の先輩の洋とファーストキス。
恵美子は身体だけでもいいからと恵美子が洋に対して求めていき、そこから下着を下ろして本の所に腰をかけて、胸をあらわにして、洋への気持ちが溢れて枯渇したものを得たいとばかりの高校生にしては激しい思いが溢れている過激なセックスシーンです。洋もむさぼるように性への興味を恵美子で解消していく。
洋の部屋でカーテン越しに恵美子との全裸での濃厚な少し暗めの印影がいやらしさもあり、凄いです。
しだれかかる恵美子の華奢な身体つきとは反対に体を重ね合うシーンは肌のつるつるな感じが伝わり、濃密です。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 洋と恵美子の高校生の恵美子の初々しい愛撫のシーン。
  • 洋の下宿で自分から脱ぐ姿の恵美子の全裸の二人の濃いい密着した絡み方。
  • 恵美子が布団の中で、手首を縛り、目隠しの拘束されてからの絡み。
  • カーテン越しの部室でのシーンの抱き合いの緩急が欲しいです。
  • 手首を巻くシーンが目隠しの際に手間取り感。
海を感じる時概要
濡れ場シーンの長さ
キャスト 市川由衣 / 池松壮亮 / 阪井まどか
監督 安藤尋
乳首出しの有無

私の男

私の男
あらすじ

腐野花(二階堂ふみ)は幼いときに大地震によって両親を失ってしまう。
花は遠縁の腐野淳悟(浅野忠信)に娘として引き取られて、北海道・紋別で二人で仲良く暮らしていた。
年月が流れ、花は高校生となった。
淳悟には肉体関係を持っている大塩小町(河井青葉)という恋人がいたが、小町を捨てて淳悟と花は肉体関係を持つようになった。
二人は義父と義娘という親子でありながら近親相姦に及んだのである。
しかし、禁断の関係は小町にバレてしまい、花は小町を殺害した。
一度は事故で片づけられるが、小町の死に疑問を持っていた刑事が数年後に花の前に現れる。

濡れ場ポイント

私の男には、腐野淳悟と腐野花の濃厚なキスシーンや指をしゃぶり合うようなエロティックなシーンが所々ありますが、濡れ場といえるのは二箇所です。

・腐野淳悟と大塩小町の激しいラブシーン
小町に淳悟が後ろから覆い被さり、獣のように激しく愛撫したりセックスしたりする濃厚な濡れ場となっています。
河井青葉さんの乳首も少しだけ見れます。

・腐野淳悟と腐野花の近親相姦
高校生になった腐野花と腐野淳悟が、禁断の近親相姦をする濡れ場が見れます。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 河井青葉の乳首や激しいラブシーンが見れる
  • 二階堂ふみが18歳になるのを待って撮影された初めての濡れ場が見れる
  • 二階堂ふみの背徳的な近親相姦を堪能できる
  • 濡れ場が短くて少ない
  • 折角の二階堂ふみの濡れ場にもかかわらず、肌色が少ないし乳首も見れない
私の男概要
濡れ場シーンの長さ
キャスト 二階堂ふみ / 浅野忠信 / 河井青葉
監督 熊切和嘉
乳首出しの有無

甘い鞭

甘い鞭
あらすじ

17歳の奈緒子(間宮夕貴)は、ある日突然に隣人の藤田(中野剛)に拉致監禁されてしまう。
奈緒子は窓のない地下室で一ヶ月に渡って藤田からレイプや拘束陵辱を受けて弄ばるが、ついに藤田を殺害して脱出した。
しかし、穢れてしまった奈緒子を母親は受け入れられずに親子の溝ができてしまう…。
月日は流れ、32歳となった奈緒子(壇蜜)はレディースクリニックの女医になっていた。
しかし、男に陵辱された“甘い快感”を忘れられずに夜はSMクラブの売れっ子M嬢セリカとして働くのだった。

濡れ場ポイント

甘い鞭は、SMプレイを中心とした多数の濡れ場があるので、主な濡れ場をピックアップして紹介します。

・奈緒子(間宮夕貴)のレイプ&拘束陵辱
拉致された奈緒子は藤田に高校の制服を無理矢理脱がされて全裸となり、レイプされます。
他にも、縄で縛られてM字開脚状態で吊られる陵辱プレイもあります。

・奈緒子(壇蜜)のSMプレイ&セックス
奈緒子がほぼ全裸で様々なエロティックなSMプレイをします。
M字開脚でのSMプレイやセックスもあります。

・奈緒子(壇蜜)のオナニー
性欲の高まった奈緒子が入浴中に激しいオナニーをするシーンもあります。

・SMクラブ女王・景子(屋敷紘子)の濡れ場
景子がSMクラブ上客の醍醐(竹中直人)とセックスをしたり、醍醐の命令で全裸開脚拘束状態で奈緒子に鞭打たれる濡れ場があります。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 濡れ場シーンが多い
  • 壇蜜、間宮夕貴、屋敷紘子らの乳首を見れる
  • 開脚シーンが多くてモザイク越しに壇蜜、間宮夕貴、屋敷紘子らのヘアを見れる
  • ヘアにまでモザイクが掛かっているからボヤけてる
  • モザイクが濃すぎるからアソコの形は目を凝らしてもわからない
甘い鞭概要
濡れ場シーンの長さ
キャスト 壇蜜 / 間宮夕貴 / 屋敷紘子
監督 石井隆
乳首出しの有無

ふがいない僕は空を見た

ふがいない僕は空を見た
あらすじ

男子高校生・斉藤卓巳と不倫する主婦・岡本里美の話から始まるが、ただのコミケで知り合ったアニメ好きの二人の不倫ではなく、それぞれの事情を抱えて不倫に至ったことが分かります。最初は二人の不倫が生々しく描かれているものの、動画流出が原因で二人は別れることになります。そして、後半はこの男子高校生の担任の先生と、男子高校生の母親の関わる物語になっていきます。各々に様々な事情があることが時系列を辿ることにより理解できる映画です。

濡れ場ポイント

主な濡れ場ポイントは、前半の男子高校生・斉藤卓巳と主婦・岡本里美がコミケで出会い不倫するところに集約されています。自宅に誘い込む主婦と、葛藤がありながらもその誘惑に耐えられず関係を持つ男子高校生の生々しい濡れ場が描かれます。さらに、二人はコスプレが趣味なので、コスプレをしながら関係を持つという特殊なシーンも見ることができます。リアルな喘ぎ後も魅力で、女優田畑智子のヌードシーンも必見。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 人妻がエロティックに男子高校生を誘惑するリアル感
  • 田畑智子の官能的な喘ぎと過激なフレーズ
  • コスプレや濡れ場の腰使いが非常にエロい
  • 田畑智子の胸が思ったより小さい
  • 乳首の色がリアルではあるが好みが分かれる
ふがいない僕は空を見た概要
濡れ場シーンの長さ
キャスト 田畑智子 / 永山絢斗
監督 タナダユキ
乳首出しの有無

花宵道中

花宵道中
あらすじ

吉原が炎上してしまった後の遊女たちの物語。山田屋で遊女として働いていた朝霧(安達祐実)と半次郎(淵上泰史)の禁断の恋の物語。朝霧は非常に人気のある遊女だが、男性に溺れた母を憎むという過去を持つ。
また、恋に落ちた半次郎も吉田屋(津田寛治)に恨みを抱いている。吉田屋が身受けした霧里は、半次郎の姉で吉田家に酷い扱いを受けて命を落としていた。霧里は朝霧を拾ってくれるなど、朝霧にとっても特別な存在である。
そんな朝霧と半次郎がひょんなことから出会い、そして2人の悲しい恋と運命を描いた作品。過去の恨みや金の力に左右されどうにもならない状況の切なさが描かれている。

濡れ場ポイント

かなり注目を集めた安達祐実のオールヌードでの濡れ場がポイントとなっている作品。半次郎への恋心に気付いた吉田家が半次郎の目の前で安達祐実に後ろから挿入するシーンは、安達祐実の切ない表情と漏れてしまうあえぎ声、肌に浮かぶ花模様などと合わさり非常にエロティックに表現されている。
また、追われている半次郎と密会し、危険な状況の中のセックスシーンは美しさと官能的な表現がバランス良く描かれている。ちょうど良いサイズの胸を揉まれるシーンは、安達祐実の童顔とのギャップからさらに興奮させる濡れ場となっている。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 遊女としての安達祐実のセックスシーンが妖艶
  • 好きな人の前で無理やり別の男に抱かれる姿がエロい
  • やっと好きな人と結ばれる濃厚なセックスシーンがリアル
  • 安達祐実の胸がそこまで大きくない
  • 安達祐実が童顔なので色気を求めると少し残念
花宵道中概要
濡れ場シーンの長さ
キャスト 安達祐実 / 淵上泰史 / 小篠恵奈
監督 豊島圭介
乳首出しの有無

娼年

娼年
あらすじ

無気力でつまらない毎日を過ごしていた名門大学生・森中領(松坂桃李)が御堂静香(真飛聖)との出会いを経て、会員制のボーイズクラブで働くことに。色々な客との出会いとセックスを通して、人間に様々な欲望や衝動があることに気付いていく。
領の母や静香の過去や秘密が明らかになり、領は生きていく意味を見つける。様々な事情でボーイズクラブの運営に関わることになり、以前は「女なんてつまらない」と言っていた領が一人の立派な男性となっていく。生々しいセックスシーンと共に成長していく領の姿が描かれる。

濡れ場ポイント

それぞれの女性との濡れ場において、人間の様々な欲望が表現される。例えば、渋谷で出会う大谷麻衣が演じるヒロミとのセックスシーンはベッドを使うことなく欲望を剥き出しにしてお互いの体を求め合う。
さらに、佐々木心音の演じた紀子は夫の希望のために領に抱かれることになる。乱暴に抱かれることが夫の希望であることを知っている紀子の切ない感情と、過激な言葉と生々しい濡れ場は必見。
さらには、平戸東(猪塚健太)と領の娼夫同士の濡れ場もあり、様々なシチュエーションでのセックスシーンが凝縮されている。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • セックスシーンが多いので色々な女優の濡れ場が見れる
  • BGMが上品ながらも生々しい濡れ場を演出
  • 3Pや放尿プレイなど非日常的なプレイも描かれる
  • リアルではあるが愛撫シーンが長い
  • 綺麗なヌードが続くのでリアルな裸が見たい人には残念
娼年概要
濡れ場シーンの長さ
キャスト 松坂桃李 / 真飛聖 / 冨手麻妙
監督 三浦大輔
乳首出しの有無

人間失格太宰治と3人の女たち

人間失格太宰治と3人の女たち
あらすじ

タイトルの通り、太宰治と3人の女性の恋を描いている作品。正妻である美知子(宮沢りえ)は自堕落な生活を送る夫を子育てをしながらも支え続ける。
そんな中、太宰治(小栗旬)は愛人の静子(沢尻エリカ)だけでなく、戦争から帰ってくる夫を待つ富栄(二階堂ふみ)とも関係を持ち続ける淫らな生活を続けている。
しかし、美知子は常に夫を励まし続け、ついに太宰治はあの「人間失格」の執筆に取り掛かるようになる。人間失格がどのように生まれたのか、太宰治とはどんな男性だったのかをオリジナリティ溢れる視点で描いている作品。

濡れ場ポイント

3人の有名女優の濡れ場を見ることができるし、小栗旬のセックスシーンも見どころの一つ。宮沢りえとの玄関での濡れ場は、大人の女性としての宮沢りえの魅力を最大限に引き出している。
また、様々な体位やシチュエーションで行われる沢尻エリカとの濡れ場も魅力的。
さらに、最大のポイントとも言えるのが二階堂ふみとの濡れ場。夫を健気に待つ姿から、太宰治に落ちて淫らに抱かれていく姿は男性なら誰でも興奮するシーンとなっている。
特に二階堂ふみは乳首も見せながらの濡れ場を演じているので、かなり注目できる。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 宮沢りえの健気な姿と濡れ場のギャップがエロい
  • 愛人役の沢尻エリカとの色々な濡れ場が見れる
  • 二階堂ふみの乳首出しの濡れ場が刺激的
  • 宮沢りえの露出度が低い
  • 乳首出しは二階堂ふみだけ
人間失格太宰治と3人の女たち概要
濡れ場シーンの長さ
キャスト 小栗旬 / 宮沢りえ / 沢尻エリカ
監督 蜷川実花
乳首出しの有無

牝猫たち

牝猫たち
あらすじ

3人のデリヘル嬢、雅子(井端珠里)、結依(真上さつき)、里枝(美知枝)は池袋の「極楽若奥様」で働いており、友情を築く。
しかし、それぞれの接客スタイルや抱えている問題も異なっている。引きこもりの男を虜にする雅子や、常連をゲットすることに苦労している結衣、老人から定期的に指名され大金で店外デートに誘われる里枝は気が合う関係だが、各々異なる状況で働いている。
そんな中、里枝が盗撮されネットにアップされてしまう。雅子の常連客が犯人のドライバーを追い詰めるが、雅子の人気は逆にアップする。デリヘルで生きていく女性のリアルな姿を描いた作品。

濡れ場ポイント

10分に一度は濡れ場が出てくるほどの、ほぼAVと言っても過言ではない濡れ場連続の映画。女優3人のそれぞれの濡れ場を楽しめる。しかも、色々なシチュエーションで3人の女優が濡れ場が演じている。
例えば、雅子(井端珠里)の屋上での青姦シーンは必見。その他にもSMシーンなど3人の女優たちの本気度に感動すら覚える作品。
お金のために抱かれる女性たちの様々な体位でのセックスも見ているだけで興奮できる。デリヘルのリアルを女優たちが演じているということを考えるとさらに興奮ポイントが増える映画だ。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 3人全員のヌードと濡れ場が見れる
  • SMプレイも含まれている
  • 喘ぎ声もリアルで刺激的
  • 3人全員の胸が小さい
  • 有名芸人が出るためにお笑いファンは集中できない
牝猫たち概要
濡れ場シーンの長さ
キャスト 井端珠里 / 美知枝 / 真上さつき
監督 白石和彌
乳首出しの有無

恋の罪

恋の罪
あらすじ

東電OL殺人事件をヒントとして作られている映画。和子(水野美紀)は刑事だが自分が不倫をしている際に殺人事件の知らせを受け現場に向かう。猟奇的殺人を調べているうちに、有名作家の妻である菊池いずみ(神楽坂恵)と、尾沢美津子(冨樫真)が事件前後に行方不明になっていることが判明。
美津子は昼は大学教授、夜は売春婦という2つの顔を持つ女性。いずみもAV女優として働いており、秘密を抱える2人はなんと知り合いだった。
美津子がいずみの夫と関係を持っていたことも明らかになり、浮気をしながら刑事として捜査をしている和子も含め、女性の表と裏の部分がリアルに表現されている作品。

濡れ場ポイント

ラブホテルで浮気をしている水野美紀の濡れ場を堪能できる上に、神楽坂恵のヌードもしっかりと見ることができる。
また、大学教授という顔も持つ冨樫真のセックスシーンも妖艶な雰囲気があり最高に興奮を誘うシーンとなっている。脅されながらセックスをする姿や乱暴な言葉を受けながら抱かれるなど、3人の女優が体当たりで演技をしている。
色々な体位でのセックスを見ることができ、しかもスタイルの良い女優たちが惜しげもなく濡れ場を演じているので、興奮の連続となるシーンが続く映画。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 昼の顔との対照的なセックスシーンが興奮を誘う
  • 濡れ場でも過激な演出がとても多い
  • 3人の女優のスタイルが抜群
  • 巨乳好きには冨樫真のスタイルでは物足りない
  • 神楽坂恵と比較すると水野美紀の濡れ場が少ない
恋の罪概要
濡れ場シーンの長さ
キャスト 水野美紀 / 冨樫真 / 神楽坂恵
監督 園子温
乳首出しの有無

さよなら歌舞伎町

あらすじ

一流ホテルで働くという夢から遠ざかっていた徹(染谷将太)は、ラブホテルの店長を歌舞伎町でしていた。
そこにやってくる訳ありカップルたちの様子を描きながら、徹の心の揺らめきを描いた作品。ラブホテルには、徹の妹である美優(樋井明日香)がAV撮影に来たり、徹の恋人である沙耶(前田敦子)が枕営業のために違う男と来るなどたくさんのハプニングが起きる。
東日本大震災の影響を受けそれぞれの夢から遠ざかっていた徹と沙耶や、様々なカップルの壮絶な人生を描いた作品。

濡れ場ポイント

徹の妹役を演じている樋井明日香の体当たりの演技は必見。AV嬢としての役を大胆に演じており、刺激的なシーンとなっている。
また、その他にも、不倫している理香子役の河井青葉の濡れ場もたっぷりと観ることができる。
河井青葉の成熟した体は人妻好きの人には最高のスタイルでリアリティのある人妻の色気を漂わせている。
さらに、別のカップルで描かれるイ・ウンウのヌードや濡れ場は、そのスタイルの良さや美しさからとても上品でエロい濡れ場となっている。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 樋井明日香の胸が乱暴に揉みしだかれるシーンがエロい
  • 河井青葉の不倫セックスシーンがリアル
  • イ・ウンウの巨乳と大胆濡れ場が刺激的
  • 前田敦子の濡れ場は観れない
  • 河井青葉など比較的年齢の高い女優の濡れ場が多い
さよなら歌舞伎町概要
濡れ場シーンの長さ(5段階評価)
キャスト(1~3人) 染谷将太 / 前田敦子 / 南果歩
監督 廣木隆一
乳首出しの有無

風に濡れた女

あらすじ

人目を避けるような生活をしている劇作家だった高介(永岡佑)が、突然現れた謎の女汐里(間宮夕貴)と出会う。
最初は彼女の誘いを断る高介だが、汐里の魅力にだんだんと魅了され、最終的には彼女と情熱的なセックスをする。
汐里は色々なサーファーに車の中で抱かれたり、高介のかつての劇団仲間たちと関係を持ちながら、高介の欲望を刺激していく。
彼女がその気になった高介を焦らしたために、高介は劇団の助手である夕子(中谷仁美)とセックスをするなど、嫉妬や様々な形の欲望や背徳感が連続する濡れ場で表現されている作品。

濡れ場ポイント

間宮夕貴が演じる汐里の野性的なエロスを堪能できる。特に、高介とのセックスシーンや、高介の元カノである響子(鈴木美智子)とのレズシーンなども見所。
高介と高介に憧れる夕子(中谷仁美)のセックスシーンでは、間宮夕貴とは真逆の性格の女性を演じる中谷仁美の微乳を見ることもできる。
白い下着と微乳のセットは一途に高介を想う地味な女性を見事に表現しておりエロい。
また、間宮夕貴のスレンダーながらもボリュームのある胸も魅力的。暴力的な言葉遣いや欲望をむき出しにしたセックスシーンが間宮夕貴のスタイルとマッチして官能的な作品。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 間宮夕貴の野生的なセックスが刺激的
  • 鈴木美智子と間宮夕貴のレズシーンがエロい
  • 中谷仁美のカーセックスが妙に官能的
  • コメディータッチで集中できないシーンもある
  • 中谷仁美の胸が無さすぎる
風に濡れた女概要
濡れ場シーンの長さ(5段階評価)
キャスト(1~3人) 間宮夕貴 / 永岡佑 / 鈴木美智子
監督 塩田明彦
乳首出しの有無

捨てがたき人々

あらすじ

人生が嫌になってしまった狸穴勇介(大森南朋)は故郷に帰るが周りの目は非常に冷たい。
そんな中、岡辺京子(三輪ひとみ)は彼に笑顔で接し、勇介は彼女と強引にセックスをする。
半分に強引なセックスだが顔にアザのある京子は彼を受け入れ、同棲し彼の子を産む。家族となった3人だが勇介のことを後は憎んでいる。
しかも、京子は宗教団体内部で不倫をしていることが発覚する。そのことを知った勇介は幸せや生きている意味、愛などについてもう一度深く考えることになる。
幸せになることがいかに難しいかを表現した作品。

濡れ場ポイント

大森南朋と三輪ひとみの本当にしているのではないかというリアルな濡れ場は必見。
最初はレイプシーンだが、最終的には女が男を受け入れ、自らお願いしますと言うシーンは非常に官能的である。三輪ひとみの大きい胸と、顔にアザがあり影を背負っているという役柄、レトロな雰囲気を出す和室での濡れ場が非常にマッチしており、興奮を誘うシーンが続く。
最初は恐怖に怯えている女性が、快感に陥り大きな喘ぎ声をあげながら絶頂に達するというシーンは、男性なら誰もが興奮してしまう映像となっている。
三輪ひとみのリアル感のある喘ぎ声も魅力。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 大森南朋の欲望を丸出しにした抱き方
  • 三輪ひとみの胸の形が綺麗で興奮する
  • 布団での濡れ場がレトロでリアルな雰囲気
  • 乱暴なシーンが苦手な人には前半の濡れ場は辛い
  • たくさんの女優の濡れ場はない
捨てがたき人々概要
濡れ場シーンの長さ(5段階評価)
キャスト(1~3人) 大森南朋 / 三輪ひとみ / 美保純
監督 榊英雄
乳首出しの有無

そこのみにて光輝く

あらすじ

事故が原因で仕事を辞めることになり、生きる目的を失ってパチンコをしながら日々を過ごしていた佐藤達夫(綾野剛)が明るい青年・大城拓児(菅田将暉)と知り合い、彼の姉の千夏(池脇千鶴)と恋に落ちながら、生きる意味について探していく作品。
千夏は父親の介護をしながらも売春をしている。家族のために必死に身を削っている彼女の姿を見て揺れ動く達夫の気持ちの変化を表現している。
恋に落ちる2人だが、結婚するためには昔の内縁の夫・中島と解決しなければいけない問題もあり、達夫は直接対決をすることにする。

濡れ場ポイント

ポイントになるのは、やはり池脇千鶴と綾野剛の濡れ場シーン。いろいろな過去を乗り越え惹かれ合っていく2人が結ばれるシーンは情熱的なキスシーンから愛撫シーン、そして挿入シーンまでしっかりと描かれている。
特に池脇千鶴は乳首を見せるだけでなくて、舐めさせるシーンもあるので、かなり過激でリアルに描かれた濡れ場となっている。
30代半ばになり、リアルなボリューム感のある池脇千鶴のヌードは非常にリアルなので、興奮させる。また、綾野剛とのシーンと比べると目立たないものの、池脇千鶴と高橋和也の濡れ場もある。下着もエロくて刺激的。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 池脇千鶴が乳首を舐められるシーンが観れる
  • 挿入されてから池脇千鶴の出す喘ぎ声がリアル
  • 池脇千鶴の濡れ場が何度かあるので毎回の違いを楽しめる
  • 綾野剛との濡れ場は少し薄暗いので目が慣れるまで見にくい
  • 若い女優ではないので中年女性ヌードが苦手な人はキツイ
そこのみにて光輝く概要
濡れ場シーンの長さ(5段階評価)
キャスト(1~3人) 綾野剛 / 池脇千鶴 / 菅田将暉
監督 呉美保
乳首出しの有無

失楽園

あらすじ

松原凛子(黒木瞳)と久木祥一郎(役所広司)は、書道の先生と元編集長として仕事をしているがお互い既婚。見合い結婚している凛子は子供もいなく、夫との生活に満足していない。
そんな時に書道教室での出会いから2人は不倫関係に陥り、密会や旅行を繰り返すようになる。久木への思いが強まるにつれて、不倫への恐怖も味わう凛子だが、関係を断つことはできない。
その後、お互いの配偶者に不倫はバレてしまい家庭は崩壊する。窮地に陥る2人だが、愛し合っている現在が最高に幸せな状態と考えた2人は、交わったまま毒を飲み2人で人生を終わらせることとする。

濡れ場ポイント

清楚なイメージの強かった若い頃の黒木瞳の濡れ場シーンを何度も堪能できる作品。
特にヌードになるだけでなく、体を舐め回すような愛撫シーンや、舌をしっかりと絡め合っているディープキスシーンも多く、濡れ場はAVレベルに過激とも言われている。
役所広司の乳首を舐め回す舌使いの黒木瞳は必見である。また、役所広司に乳首を吸われる黒木瞳の姿もかなり過激。
いけない関係だと知りながらも抱かれるうちに愛が深まり、興奮も高まっていく女性の心理をエロティックに表現しているので、ストーリーと共に興奮させてくれる濡れ場となっている。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • リアルなセックスを描いた濃厚な愛撫シーンに興奮
  • 黒木瞳の全身舐めや挿入シーンがとてもエロい
  • 感じ方のバリエーションも豊富なので非常にリアルな濡れ場
  • 黒木瞳の胸は綺麗だがボリュームがあまりない
  • 黒木瞳以外の濡れ場はない
失楽園概要
濡れ場シーンの長さ(5段階評価)
キャスト(1~3人) 役所広司 / 黒木瞳 / 寺尾聰
監督 森田芳光
乳首出しの有無

私の奴隷になりなさい

あらすじ

真山明大が演じる出版社に勤める主人公が、先輩社員香奈(壇蜜)に惹かれ、特殊な性癖を持つ彼女の秘密が段々と暴かれていく。性行為をビデオで撮影させられたり、主人公は色々と振り回されるが、背後に先生と呼ばれる中年男(板尾創路)がいることに気づく。私生活では香奈との関係を持つうちに、恋人からも捨てられれ仕事もうまく行かなくなる。最終的には、彼女との関係が全て先生と呼ばれる男性の指示の下に進んでいたことに気づく。香奈は完全に調教されており、最終的には主人公は先生と呼ばれる中年男の前で香奈を抱くことになる。

濡れ場ポイント

壇蜜が演じる女性は普通の会社員でありながらも、かなりヘビーなプレイに没頭している。そのギャップはかなりの見どころとなっている。さらに、セックスシーンのみだけでなく、SMや緊縛プレイ、3Pや放尿シーンや剃毛プレイなどかなりバリエーションに富んだ濡れ場が繰り広げられる。ノーマルな趣味の人も普通のセックスシーンで楽しめるし、特殊な性癖の持ち主も満足できるような濡れ場が続く。壇蜜が泣きながらも先生の命令に逆らえず目の前で抱かれるシーンは誰もが興奮させられる刺激的なシーンだ。AVのような濡れ場が続く作品。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 壇蜜のクールな表情と濡れ場のエロい表情が楽しめる
  • アブノーマルシーンもたくさんあり濡れ場が豊富
  • 壇蜜の体がとても綺麗で誰もが興奮する濡れ場
  • ノーマルの濡れ場のみを観たい人には刺激が強い
  • 濃厚な割にはキスシーンがない
私の奴隷になりなさい概要
濡れ場シーンの長さ(5段階評価)
キャスト(1~3人) 壇蜜 / 真山明大 / 板尾創路
監督 亀井亨
乳首出しの有無

ちょっとエッチな生活体験

あらすじ

男性だと勘違いされる純(浜田翔子)が、東京に来て男性モデルと間違われたことをきっかけに男性を装い生活していく。哲郎(笠原秀幸)はカメラマンの助手だが男性だと思いながら純を家に入れて共同生活を始める。そして、優しい哲郎の姿に純は段々心が惹かれていくが、男性だと悟られないようにしなければいけない。自分のことを男性だと思っている相手に恋をしてしまった女性の心の葛藤をうまく描いた作品。そして、哲郎は別の女性に恋をしていることが分かり、複雑な気持ちを抱えながらも、純は彼の恋を応援することになる。

濡れ場ポイント

浜田翔子の濡れ場は、オナニーシーン程度だが、挑戦していることは伝わってくる。ただ、乳首露出などの過激さは期待できないものの、ファンにとってはたまらない濡れ場になるだろう。緒川凛の濡れ場はかなり濡れ場にこだわったということで、リアルなシーンが繰り広げられている。監督にあえぎ声のアドバイスを求めるなど、相当官能的で現実的なセックスシーンを描くための努力がされている作品。AVでデビューする前の貴重な映画での濃厚な濡れ場を観ることができる。AVとはまた別のリアルな表現でエロスを表現している作品。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 浜田翔子の貴重なオナニーシーンを観れる
  • 緒川凛のエロいあえぎ声を堪能できる
  • 緒川凛の乳首出しセックスシーンがエロい
  • 浜田翔子の乳首はぎりぎり見れない
  • 緒川凛は若い子好きの人にはあまり刺激的でない
ちょっとエッチな生活体験概要
濡れ場シーンの長さ(5段階評価)
キャスト(1~3人) 浜田翔子 / 笠原秀幸 / 緒川凛
監督 田尻裕司
乳首出しの有無

欲動

あらすじ

重い病になり残り僅かな命となった主人公・千紘(斎藤工)と妻である看護師のユリ(三津谷葉子)が、千紘の妹である九美(杉野希妃)の出産の手伝いのためにバリ島へ向かい、生と死について向かい合っていく心の葛藤を表現した作品。妻は看護師のために、夫の死を間近にした気持ちにあまり寄り添うことができずに、大きな溝が生じる。そして、そこに漬け込んでくる地元のジゴロたちとユリの駆け引きも見どころ。ユリの夫への気持ちと欲望との葛藤が良く描かれている。バリ島の文化や民族舞踊のシーンなどもたくさん散りばめられており、作品とマッチしている。

濡れ場ポイント

夫婦としてラストになるかもしれないセックスを描いた、切なくも欲望のままに求め合う、三津谷葉子と斎藤工の濡れ場がポイント。ディープキスから始まり、正常位や対面座位、そして騎乗位などAVのような濡れ場を観れるのポイント。しかも、三津谷葉子は巨乳なので、騎乗位でのシーンは最高に興奮を掻き立てるシーンだ。それまでのストーリーを考えながら鑑賞するとより興奮できる、ただのエロい濡れ場でないのもポイント。実際の愛し合っている夫婦が求め合っているリアルなセックスを覗き見しているような感覚になる。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 三津谷葉子の美しい巨乳を堪能できる
  • 斎藤工と三津谷葉子の絡みがリアル
  • キスからフィニッシュまでしっかり描かれる
  • 濡れ場の回数は少ない
  • フィラやクンニのようなシーンは無い
欲動概要
濡れ場シーンの長さ(5段階評価)
キャスト(1~3人) 三津谷葉子 / 斎藤工 / 杉野希妃
監督 杉野希妃
乳首出しの有無

フィギュアなあなた

あらすじ

仕事でのストレスで憂さ晴らしをしていた健太郎(柄本佑)が、歌舞伎町でトラブルに巻き込まれることから全ては始まる。マネキン・ココネ(佐々木心音)は、時に動き言葉も発する。覚醒剤関係のトラブルで殺されそうになった健太郎の命を助けたことから、健太郎はココネを家に持ち帰り、服を着せセックスをする関係になる。さらに、自殺を試みる健太郎を励まし、麻雀で一攫千金に成功するきっかけともなった。しかし、その麻雀での上がり方は死ぬと噂される役だった。そして、健太郎はココネに似た女性を助けようとトラックに轢かれてしまう。

濡れ場ポイント

グラビアアイドルの佐々木心音がヘアヌードを披露するだけでなく、ほぼずっと柄本佑に愛撫され、一方的に犯されるような形でセックスの相手をするシーンが続く。全身を舐め回され、ディープキスもされ、そして喘ぎ続ける佐々木心音の姿を観れるのはこの映画の濡れ場の最大のポイント。綺麗な胸を散々揉まれたり、顔も舐め回されるなど、かなり刺激的な濡れ場シーンが連続する作品となっている。佐々木心音のスタイルの良さと、マネキン役というフェチ心をくすぐる設定になっているので、色々な趣味を持っている人が興奮できる濡れ場となっている。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 佐々木心音のスタイルの良さを堪能できる
  • されるがままになり喘ぐ佐々木心音が刺激的
  • 愛撫シーンやマニアックな性癖を発散するシーンがエロい
  • 佐々木心音以外の濡れ場は刺激的ではない
  • マネキン役のため受け身しかない
フィギュアなあなた概要
濡れ場シーンの長さ(5段階評価)
キャスト(1~3人) 柄本佑 / 佐々木心音 / 風間ルミ
監督 石井隆
乳首出しの有無

さくらん

あらすじ

小さな頃に吉原に売られたきよ葉(土屋アンナ)が花魁の日暮まで出生していく様子を描いている作品。幼いころは脱走を繰り返していたが、花魁の粧ひ(菅野美穂)から教育を受け、女性の世界を気の強さで乗り越えていき、売れっ子になっていく。店に出る前に粧ひ(菅野美穂)は金持ちの男に身受けをされることになったが、きよ葉にかんざしを譲り、吉原を去っていく。人気が出たきよ葉だが、惣次郎(成宮寛貴)に恋をしてしまったことから他の客への接客や、上客の相手もしたくなくなり、トラブルが続出する。その後、武士の倉之助に身請けされることが決まったが祝言の日に…。

濡れ場ポイント

土屋アンナ・菅野美穂・木村佳乃という3人の女優の濡れ場が観れるところがポイント。特に、菅野美穂が子供に覗かれているということに気づきながらも騎乗位で客と交わるシーンや、子供に向ける笑顔は非常にエロい濡れ場となっている。また、木村佳乃が胸を揉まれながら、後ろから突かれるシーンは清純派のイメージからするとギャップを楽しんで興奮できる濡れ場となっている。映像としての過激度は低いものの、色気をしっかりと出して、想像力を掻き立てることによりある意味生々しい濡れ場よりも興奮できるシーンが続く。

濡れ場の良い点濡れ場の残念な点
  • 有名女優の濡れ場を一気に観れる
  • 菅野美穂のシーンは腰使いがリアル
  • 木村佳乃のバックシーンはとてもエロい
  • 有名女優の乳首は観れない
  • 直接的な過激シーンがあるわけではない
さくらん概要
濡れ場シーンの長さ(5段階評価)
キャスト(1~3人) 土屋アンナ / 菅野美穂 / 椎名桔平
監督 蜷川 実花
乳首出しの有無 有(入浴シーン)